ホームお役立ち制度情報 > 医療制度の紹介

お役立ち制度情報

医療制度の紹介

小児慢性特定疾患治療研究事業(小慢)

この制度は、小児の慢性疾患のうち特定の疾患について、治療の確立と普及を図るとともに医療費の自己負担分を助成するもので、軟骨無形成症も対象疾患に指定されています。
対象年齢は18歳未満で、18歳の時点で引き続き治療が必要だと認められる場合、20歳未満まで延長されます。
手続きや詳細はお住まいの地域を管轄する保険所・市役所等の担当部局にお問い合せください。
また厚生労働省の下記のサイトからも、詳細情報を見ることができます。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken05/index.html

育成医療

この制度は、18歳未満で、体に障害を持っていたり今かかっている病気をそのままにしておくと体に障害が残る可能性があり、手術等によって障害の改善が見込まれる場合が対象になります。
対象となる障害の程度や所得などに一定の決まりがありますので、詳細はお住まいの地域を管轄する保険所・市役所等の担当部局にお問い合せください。

更生医療

この制度は、身体障害者手帳を所持する18歳以上の障害者の方の障害を除去または軽減して日常生活能力や職業能力を回復または獲得することを目的とした医療です。
対象となる治療法や所得などに一定の決まりがありますので、詳しくは市役所等の担当部局にお問い合せください。 ※育成医療・更生医療は、ともに障害者自立支援法に基づく制度です。
厚生労働省の次のサイトから詳細を見ることができますので、ご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/jiritsushienhou04/

高額療養費給付制度

この制度は、1ヶ月(毎月1日から末日まで)の医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻される制度です。
ただし、この制度の対象となる医療費には差額ベッド代や食事療養費などは含まれません。
また治療期間や所得などによって自己負担限度額に違いがありますので、詳細は職場や役所などの医療保険担当者にお問い合せください。
なお、社会保険庁の下記サイトにも詳細情報が記載されていますので、ご参照ください。
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm ※このほか、都道府県や市町村などで独自に医療費関係の助成を行っている場合がありますので、担当部局に問い合わせてみられてはいかがでしょうか。